イベルメクチンの通販での購入

大村智特別名誉教授らによって発見された「イベルメクチン」は、新型コロナウイルスに対する効果が期待されている抗生物質になる話題性が高まっています。
大村智記念研究所が公表して明らかになっている内容としては、世界27か国で効果・効能、安全性についての治験が行われているようです。

現在も猛威をふるっている新型コロナウイルスの感染拡大を何とか防ごうと試みる研究者が多数いますが、「イベルメクチン」という薬剤に関しては、新型コロナウイルス感染者の重症化を予防する狙いであるといいます。海外ではすでに重症化を防ぐ効果が示されているようです。
この「イベルメクチン」は、本来は抗寄生虫薬として用いられているのですが、緊急使用することを提言する研究者も世界中にいる話しです。

「イベルメクチン」は安全性が疑問視されるでしょうが、世界保健機関によれば、必須医薬品リストに含まれているために安心できる薬剤として使用されています。
また、発展途上国などでも比較的入手しやすいようです。
話しによれば、40年ほど前から使用され、数十億回の投与において副作用の現れ方も観察され続けており、出るとしても軽度であることにより、安全性の確認がされている薬剤になります。

ちなみに、政府としては新型コロナウイルスの抗生物質としての「イベルメクチン」の承認申請に向けて、いかなる支援を行うつもりなのか、ここもポイントになるでしょう。
例え話、「イベルメクチン」について、今後は厚生労働省薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品第二部会において審議されるでしょう。
新型コロナウイルスの予防薬とするためには、日本での治験が必要ですが、早々と海外における治験資料も提出されるでしょうが、この資料などが日本において考慮されるか、といった内容にも触れなければなりません。

また、「イベルメクチン」の有効性の判断指標を示すことも必要で、これからの治験に注目が集まっています。
ちなみに、米国の新型コロナウイルスの研究施設においては、早くもこの「イベルメクチン」を使って治験が実施されたようです。
重症化した患者にも効果があったという報告があがっていますし、「イベルメクチン」を投与していない対象者よりも、約6分の1という数値で死亡率が低下したと報告しています。
日本でも年内までには医師主導の治験を行うといった動きが加速しているようです。

ちなみに、「イベルメクチン」という薬剤は、人のみならず、牛や豚などの動物に欠かせない駆虫薬でもあります
米国での研究報告においては、「イベルメクチン」は、新型コロナウイルスに対して平均150?/kgの1回投与にて効果を示したと発表されています。
動物薬として使用されているため、人体において使用するには開発しなおす必要性がありますが、養豚農家で使用している「イベルメクチン」で換算すると、体重60kgの人を60人ほどを救えるかもしれないと謳われています。