ルプラック通販

ルプラックジェネリック(トール)10mg

ルプラック錠のジェネリック!利尿剤フロセミド(ラシックス)同様に尿量を増やしてむくみ(浮腫)を改善するループ利尿剤です。水分や電解物質を排泄し、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫などの改善に使用されます。

最安値を販売ページでチェック


ルプラックジェネリック(トール)20mg

ラシックス(フロセミド)より利尿効果が強く、低カリウム血症の副作用の発症率も低いループ利尿剤!体内の水・電解物質を体外に尿として出してむくみを改善する利尿剤の一つです。心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫などの改善に使用されます。

最安値を販売ページでチェック

ルプラックの通販をご希望の方は、個人輸入代行サービスによりご購入いただけます。

ルプラックの効果について

ルプラックは腎臓に働きかけ、尿量を増加させ、体内の余分となった水分ないし塩分を除去してくれる利尿剤になります。
心臓、腎臓、肝臓が正常な働きができなくなると、体内に余分な水分を蓄積し、むくみに繋がってしまいますが、ルプラックを服用することで、尿量が増えるので、むくみが解消されます。
また、血液内で過剰になった水分や血管壁のNa(ナトリウム)が減少するので、血圧を下げる効果も見込めます。

血液が腎臓を通過する時にろ過されることによって尿は生成されますが、ルプラックの有効成分トラセミドは腎臓において水分と塩分が尿細管で再び吸収しようとする動きを抑制し、尿量を増加させます。
数多くある利尿剤の中でも特に利尿作用が強く、ループ利尿剤にグループ分けされています。

ルプラック(トラセミド)とは別のループ利尿剤でラシックス(フロセミド)がありますが、ルプラックの方が利尿作用は強く、抗アルドステロン作用により、カリウムの排出量が少ないため、血液中のカリウム濃度低下によって引き起こされる低カリウム血症が起きにくいとされています。
カリウムの濃度が下がると、筋肉のけいれん、筋力の落ち込み、麻痺等の症状が出ることがあります。
上記の症状が出ることはほとんどありませんが、発現した場合はすみやかに受診するようにしてください。

ルプラックの服用方法(飲み方)について

ルプラックの服用方法(飲み方)はトラセミドとして1日1回4mgから8mgを服用するようにしてください。

夜間に服用すると、薬の効き目が睡眠中に現れてしまい、トイレで目が覚めることになってしまいます。質が高い睡眠が取れなくなってしまう恐れがあるので、午前中に服用することをおすすめします。
ただし、利尿作用が強いので、いつでもトイレに行ける環境で服用するようにしてください。

体調や体質によっては薬の効果が一気に現れるケースも考えられるので、最初から多量に服用せずに少量からスタートするようにしてください。

電解質異常(低カリウム血症)は起きにくいとされていますが、長期に渡りルプラックを服用する場合は、念のため定期的に血液検査を受けるようにすると安心です。

ルプラックを服用して効果が出るまでは、30分程度で効果持続時間は6時間程度と言われています。服用するのを忘れてすぐに思い出した場合は服用して問題ありませんが、6時間以上経っている場合は、2回分を服用したりせずに、1回分はパスして次の分から忘れずに服用するようにしましょう。