サビトラ通販

ED治療薬レビトラ錠のジェネリックであるサビトラ錠は、インドのサバメディカ社(Sava Medica Limited)が開発した、内服タイプの勃起不全治療薬です。 レビトラと同様に有効成分「バルデナフィル」を配合し、バイアグラより即効性の高いお薬です。

サビトラ10mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
 

サビトラ20mg(レビトラジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
 

サビトラの通販をご希望の方は、個人輸入代行サービスによりご購入いただけます。

サビトラの効果について

サビトラはインドのSAVA社が製造・販売する、最強のED治療薬と名高いレビトラ錠のジェネリック医薬品です。

有効成分であるバルデナフィルには勃起誘発効果があり、1錠に10mgまたは20mg含まれています。
10mgを服用するだけでも十分な効果がありEDに悩む男性の陰茎へ血流を集中させることが可能です。
血流を促進・集中した陰茎は勃起力が高まるだけでなく、持続力の実現も期待できます。

服用してすぐに効果が出ると思っている人もいるかもしれません。
しかし実際は股間を触ったり刺激的な写真を見るなどの性的刺激がない限り、勃起する心配はないでしょう。
ただし性的刺激を受ければ容易に勃起します。

行為が終了すれば自然と元の状態に戻りますが、効果の持続時間内であれば再度刺激を与えることで何回も挿入が可能です。
服用から効果が現れるまでの時間は、30分程度です。
これは食後にサビトラを服用した場合であり、空腹時であれば早くて15分もあれば勃起すると報告されています。
飲酒時も食後を変わらず30分程度で効果が現れるなど、アルコールの影響を受けにくいです。
とはいえ泥酔するほど酔っぱらっている場合は効果が弱くなるまたは全く効果が出ないケースもあるため、服用のタイミングには注意しましょう。

またサビトラの効果は4~10時間程度持続します。
空腹時と飲酒時はサビトラ10mgで4時間、20mgで10時間となっており、食後の場合は3~8時間とやや短いです。

サビトラの副作用について

サビトラはバイアグラと同じように血管拡張作用があるため、効果が現れる際に顔の火照りや目の充血、頭痛や心拍数の上昇といった副作用があります。
これらはサビトラを服用する5割程度の人に付随する副作用なので、気にしすぎず薬が効いてきた合図だと思って問題ありません。
頭痛が気になる場合は、医師から頭痛薬を処方してもらうか市販の頭痛薬を併用しましょう。

その他の副作用には色覚異常や背部痛、筋肉痛などが挙げられます。
効果が現れて4~6時間以内に症状が治まれば問題ありませんが、どうしても気になる症状が現れた場合には必ず医師へ相談してください。

またサビトラに限らずPDE阻害薬全般の副作用として、NAIONの発現が報告されています。
NAIONとは非動脈炎性前部虚血性視神経症のことで、特に中年以降に見られる副作用です。
前触れや痛みが無く、起床時に突然の視野欠損や視力低下によって自覚する視神経障害で、糖尿病や高脂血症などの基礎疾患を持つ人に現れやすいでしょう。

ただし勃起障害もこれらの基礎疾患を有する人に多くみられるため、PDE阻害薬との関連性は明確になっていません。
とはいえNAIONを発症した45歳以上の男性を対象に、PDE阻害薬を服用してから消失半減期の5倍の期間内において、NAIONの発症リスクが2倍になったという報告があります。

このような理由からサビトラとNAIONの関連は否定できないため、服用後に視野や視力に異常を感じた場合は、ただちに服用を中止して眼科を受診すべきです。