セフジトレンの通販や効果について

セフジトレンピボキシル(メイアクトジェネリック)200mg

経口用第三世代セフェム系薬という分類の抗生物質で、皮膚感染症・呼吸器感染症・泌尿器感染症・婦人科感染症・眼科感染症・耳鼻科感染症・歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられいるお薬です。

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質のお薬一覧はこちら

セフジトレンの効果について

セフジトレンはセフェム系の第3世代抗生物質です。
主成分であるセフジトレンピボキシルは、吸収時に腸管壁で代謝を受けてセフジトレンとなり細菌の細胞壁合成を阻害することにより、抗菌作用を示します。

グラム陽性菌に加え、大腸菌やインフルエンザ菌などグラム陰性菌にも強い抗菌力を発揮するだけでなく、他の抗生物質が効きにくい性肺炎球菌や耐性インフルエンザ菌にも効果を示すため、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられいるお薬です。

セフジトレンの適応菌種

  • セフジトレンに感性のブドウ球菌属
  • レンサ球菌属
  • 肺炎球菌
  • モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス
  • 大腸菌
  • シトロバクター属
  • クレブシエラ属
  • エンテロバクター属
  • セラチア属
  • プロテウス属
  • モルガネラ・モルガニー
  • プロビデンシア属
  • インフルエンザ菌
  • ペプトストレプトコッカス属
  • バクテロイデス属
  • プレボテラ属
  • アクネ菌

セフジトレンが使われる疾患

  • 表在性皮膚感染症・深在性皮膚感染症・リンパ管・リンパ節炎・慢性膿皮症
  • 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染・乳腺炎・肛門周囲膿瘍
  • 咽頭・喉頭炎・扁桃炎・急性気管支炎・肺炎・肺膿瘍・慢性呼吸器病変二次感染
  • 膀胱炎・腎盂腎炎
  • 胆嚢炎・胆管炎
  • バルトリン腺炎・子宮内感染・子宮付属器炎
  • 眼瞼膿瘍・涙嚢炎・麦粒腫・瞼板腺炎
  • 中耳炎・副鼻腔炎
  • 歯周組織炎・歯冠周囲炎・顎炎

セフジトレンの服用方法(飲み方)について

成人の場合、通常100mgを1日3回食後に服用します。
年齢や症状によって適宜増減しますが、効果が不十分な場合には1回200mgまで増やす事ができます。

小児の場合は、体重1kgにつき3mgを1日3回服用します。
必要に応じて、1回6mg/kgまで増やす事ができます。

いずれの場合も、飲み忘れに気が付いた時にはなるべく早く飲むようにしますが、次の服用時間まで4時間以内の時には1回抜かして、次の予定時間に1回分を服用してください。
2回分まとめて飲むことはしないでください。

セフジトレンの副作用について

セフジトレンの副作用としては、発疹、好酸球増多、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇、下痢、軟便、嘔気、胃不快感、腹痛などが報告されています。
特に小児は下痢や軟便になる事が多いようです。
これは腸内細菌のバランスが乱れるためで、ほとんどの場合心配は不要ですが、ひどい下痢が続く時や、血便が見られる時は医療機関を受診するようにしてください。
その他、セフジトレンを服用した後に普段とは違う身体の異常を感じた場合には、医師や薬剤師に相談してください。