リレンザの効果について

リレンザ5mg 吸入器付(ザナミビル)

有名な抗インフルエンザ薬!病状の治療以外に「予防」目的としても使用可能

最安値を販売ページでチェック
インフルエンザの薬一覧はこちら

タミフル

タミフルはA型とB型のインフルエンザの予防と治療に使用される飲み薬です。スイス・ロシュ社が製造し、中外製薬が日本で販売しています。感染してから48時間以内に服用すれば、症状を和らげることができます。

最安値を販売ページでチェック
インフルエンザの薬一覧はこちら

オセフル(タミフルジェネリック)

A型又はB型インフルエンザウイルス感染症及びその予防に使用される抗インフルエンザウイルス薬です。国内で使用されているタミフルと同じ有効成分のオセルタミビルが、同一量(75mg)配合されています。

最安値を販売ページでチェック
インフルエンザの薬一覧はこちら

エンフルビル(タミフルジェネリック)

有効成分オセルタミビル塩酸塩が含有されているインフルエンザ治療薬です。日本でも広く使用されているタミフルのジェネリック医薬品となります。インフルエンザのA型、B型ともに治療効果を示し、ウイルスに感染してから早期の段階から使用すれば予防効果も発揮します。

最安値を販売ページでチェック
インフルエンザの薬一覧はこちら

リレンザの効果と注意点

インフルエンザに罹患したときに有効な手立てとされる抗インフルエンザウイルス薬。現在、日本で主に使用されている抗インフルエンザウイルス薬は5種類あります。

タミフル、リレンザ、ラピアクタ、イナビル、ゾフルーザです。それぞれに特徴はありますが、リレンザの特徴と服用時の注意点について確認してみましょう。

まず、リレンザの特徴として挙げられるのは吸入薬という事です。リレンザを服用する時は、ディスクヘラーという名前の専用吸入機を使用します。日常的に良く目にする、タブレットやカプセルで服用する薬とは違い、注意が必要です。
この吸入器を使用する服用方法については、病院で処方する時に医療従事者から説明を受ける事もありますし、専用の説明リーフレットが配布されることもあります。また、インターネット上でも服用方法の解説動画を見る事ができるので安心です。

また、リレンザの一般的な服用回数は、1日2回、5日間、合計10回となっています。これだけ服用回数が多いと、心配になるのが飲み忘れです。仮に飲み忘れたとしても、1度に2回分を服用してはいけません。
飲み忘れに気付いた時に、1回分を服用します。ただし、次の服用時間が近い場合は1回分を服用してしまうと、短時間で2回分を服用した事と同じです。そういう場合は1回分を飛ばして、次の時間に1回分を服用します。

また、体調が良くなってきたからといって、自己判断で服用をやめてはいけません。体力のある人であれば服用をはじめて5日間の間に体調が良くなる事もあるでしょう。しかし、この状態ではインフルエンザウイルスがまだ体内に残っている可能性があります。指定の回数、しっかりと服用しましょう。