ラミシールの効果や通販について

テルビナフィン250mg14錠(ラミシールジェネリック)

水虫やカンジダ症に有効なテルビナフィンは、飲むタイプの抗真菌薬です。国内のクリニックで一般的に処方されるお薬より、低価格で気軽に服用いただけます。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症にも効果的。

最安値を販売ページでチェック


テルビナフィン250mg28錠(ラミシールジェネリック)

ラミシールジェネリック(テルビナフィン)は、水虫やカンジダ症を治療する抗真菌薬です。塗り薬では治りにくい爪水虫や、デリケートゾーンのカンジダ症に効果的。

最安値を販売ページでチェック

ラマシールはどんなお薬?

ラミシールは、飲み薬、塗り薬など幅広い剤形で販売されています。

どんな時に必要な薬なのでしょう。
それは、真菌という菌に感染している可能性がある場合にドクターから処方される事が多いです。

真菌といっても中々イメージしにくいですよね。
真菌が起こす症状で一般的によく聞くのが、水虫です。
水虫は民間用語なので、医学的な正式名では、水虫は白癬症と呼ばれています。
真菌はそのほか、カンジダ症なども起こす事があります。

ラミシールは、中に入っているテルビナフィンという成分が真菌の細胞膜を破壊し、殺真菌作用があるので根本的に病気を治療する事が可能かです。

錠剤タイプの内服、塗るタイプの外用剤と形は様々ですが、どのように使い分けが出来るのでしょうか。

1番患者数の多い足の水虫を例に挙げると、基本的には外用剤の塗り薬タイプがよく処方されます。

塗り薬タイプは、効かせる部位が局所的なので、内服薬ほど体へ負担をかける事なく安全に使用出来る為、副作用の発現なども内服タイプより少ないです。
使い方の注意点としては、とにかく水虫症状をおこす真菌は、根を張っているかの如くしぶといので症状が良くなっていても、甘く見ずに、きちんと塗る事が大切です。また、とにかくしつこい菌なので、症状が起きてなくとも皮膚にある可能性がありますので、症状が起きている部位より一回り大きめの範囲を塗る事も大切です。
外用剤の良い所はドラッグストアでも購入出来るので、病院に受診しなくても購入する事ができます。白癬症かどうか分からない場合は、病院を受診すると処方箋薬として出して貰えます。

では、どんな時に内服タイプが使われるのでしょうか。
基本的には外用剤が届かないほど皮膚の内部にまで菌が入り込んでしまっている場合や、頭皮などに症状がある場合は塗る事が困難な部位に感染の可能性がある場合は内服を選択される場合があります。こちらは外用剤とは違い、処方箋が必要となってくるお薬です。

家族の人にもうつしてしまう可能性があるので、水虫かもと思ったら恥ずかしがらずに受診したり、ドラッグストアの薬剤師さんに相談してみましょう。