ラシックスの効果や副作用について

ラシックスジェネリック(トール10mg)

ルプラック錠のジェネリック!利尿剤フロセミド(ラシックス)同様に尿量を増やしてむくみ(浮腫)を改善するループ利尿剤です。水分や電解物質を排泄し、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫などの改善に使用されます。

最安値を販売ページでチェック
むくみ改善(利尿剤)の薬一覧はこちら


ラシックスジェネリック(トール20mg)

ラシックス(フロセミド)より利尿効果が強く、低カリウム血症の副作用の発症率も低いループ利尿剤!体内の水・電解物質を体外に尿として出してむくみを改善する利尿剤の一つです。心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫などの改善に使用されます。

最安値を販売ページでチェック
むくみ改善(利尿剤)の薬一覧はこちら

ラシックスってどんな薬?

ラシックスとは一般名フロセミドというループ利尿薬で、サノフィから出ている先発医薬品です。後発医薬品は多数あります。
ループ利尿薬とは腎臓の尿細管のヘンレループという部分に作用して、尿による水分排泄を増やすことで体内の過剰な水分や塩分を排泄し、むくみなどを改善するお薬です。

効果としては悪性高血圧、月経前緊張症、肝性や心性の浮腫、高血圧症、腎性の高血圧症や浮腫、尿路結石の排出促進、本態性高血圧症、末梢血管障害の浮腫、うっ血性心不全に認められます。

用法・用量は20mg錠を1日1回2~4錠を連日または隔日経口投与します。用量は年齢や症状によって増減し、腎機能不全などの場合にはさらに大量に用いることもあります。

副作用としてはショック 、 アナフィラキシー 、 再生不良性貧血 、 貧血 、 汎血球減少症 、 無顆粒球症 、 血小板減少 、 赤芽球癆 、 水疱性類天疱瘡 、 難聴などが報告されています。

この薬を飲んではいけない方としては、過敏症の方、肝性昏睡の方、無尿の方、体液中のカリウムやナトリウムが減少している方、夜間頻尿でデスモプレシン酢酸塩水和物投与中の男性、妊産婦が禁忌となっています。