主催公演・イベント

  • 主催公演

公演終了2017年03月11日(土)

『高嶋ちさ子コンサート』
みんなのための音楽室~室内楽編~

テレビでもお馴染み、日本を代表する人気ヴァイオリニスト 高嶋ちさ子、
卓越したチェロの名手 古川展生、ピアノの俊英・作曲家・俳優と多彩な
活躍で魅了する 清塚信也。
もっとも輝く音楽家3人の顔合わせで贈る、心躍るコンサート。
名曲の数々と楽しいトークをお楽しみください。

公演概要

開催日
2017年03月11日(土)
時間
開場14:30 開演 15:00
会場
大ホール
主催
千葉県南総文化ホール
企画制作
オン・ザ・ライン / シンバ / トップシーン
後援
館山市/鴨川市/南房総市/鋸南町/館山市教育委員会/鴨川市教育委員会/
南房総市教育委員会/鋸南町教育委員会/館山音楽鑑賞協会/房日新聞社/bayfm

チケット情報

チケット発売日
11月26日(土) 10:00~ ※電話予約は同日13:00より
チケット料金
(全席指定・税込) 一般 … 4,500円 高校生以下 … 2,500円 ペア … 8,000円
※ 未就学児入場不可。 ※ ペアチケットはホール窓口のみの取り扱い
※ 公演内容・曲目については変更になる場合がございます。
チケット取り扱い
プレイガイド
TEL
URL
千葉県南総文化ホール 0470-22-1811
宮沢書店 0470-23-7771
カミヤマサウンドステーション 0470-22-0795
鴨川駅前観光案内所 04-7092-0086
岡村楽器サービス 0439-55-8064
チケットぴあ [Pコード 311-708] 0570-02-9999 http://pia.jp (PC / 携帯)
ローソンチケット [Lコード:31547] 0570-084-003 http://l-ticke.com

出演者プロフィール

高嶋 ちさ子

6歳からヴァイオリンを始め、これまでに徳永二男、江藤俊哉、ショーコ・アキ・アールの各氏に師事。桐朋学園大学を経て、1994年イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコースを卒業。
同年、マイケル・ティルソン・トーマス率いるマイアミのオーケストラ、ニュー・ワールド・シンフォニーに入団。1995年にCDデビュー。
1997年には本拠地を日本に移し、本格的に音楽活動を始める。
フジテレビの軽部真一アナウンサーとの共同プロデュースによる「めざましクラシックス」は1997年に始まり、現在までに通算公演回数280回を超える人気コンサートとなり来年20周年を迎える。
2006年の自身のソロデビュー10周年時に企画・プロデュースし「12人のヴァイオリニスト」を立ち上げた。“観ても、聴いても、美しく、楽しいヴァイオリンアンサンブル”というコンセプトでクラシックの敷居の高さを払拭し、クラシック音楽やヴァイオリンをより身近に感じてもらえるように活動を行っている。2006年の初コンサート以来、全国各地でコンサートを開催し各地で好評を博す。また、コンポーザー・ピアニスト加羽沢美濃と組んだ「CHISA&MINO」、チェロとピアノ、高嶋ちさ子のトリオでお届けする「みんなのための音楽室〜室内楽編〜」、0歳から入場できる「バギーコンサート」など、常にお客様の目線で考えられた楽しいコンサートを企画・プロデュースし、年間100本近いコンサートやイベントに毎年参加している。
2014年ハッツアンリミテッドにレーベル移籍。「COLORS〜Best Selection〜」、「Strings on Fire」と2枚のアルバムをリリース。2016年春、「日医工 presents HATS MUSIC FESTIVAL Vol.1 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌〜3大ヴァイオリニスト〜」に出演、「ディズニー・ファンタジア・コンサート」では2年連続ライヴ・ナビゲーターを務める。
2016年7月6日には結成10周年を迎える12人のヴァイオリニストをメインに“高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト”名義で約4年ぶりとなるニュー・アルバム「MUSE 〜12 Precious Harmony〜」をリリース。同年9月より2017年2月まで全国コンサートツアー10th Anniversary 高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト「MUSE〜Best 12 Harmony〜」を開催。
現在、演奏を中心にイベントやコンサートプロデュースに加え、テレビやラジオなどの各種メディア出演、執筆など活動の場は多岐に渡る。

愛用器:ストラディバリウス(1736年製) 愛称:ルーシー
オフィシャルホームページ:www.takashimachisako.jp

古川 展生

桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。
1995年第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。96年、ハンガリーのリスト音楽院に留学。97年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。
2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。11年第31回藤堂顕一郎音楽褒賞受賞。13年第31回京都府文化賞受賞。10年より、桐朋学園大学にて非常勤講師として勤務。
ソリストとしても、ハンガリー/ソルノク市立交響楽団の定期演奏会に招かれるなど、国内外のオーケストラ、著名指揮者との共演多数。また、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも積極的に行うなど、クラシックにとどまらず幅広いフィールドでも目覚ましい活躍を続け、人気、実力ともに各方面から最も注目を集めているチェリストである。
07年には、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とユニット「KOBUDO -古武道-」を結成。
14年にデビュー15周年を迎え、ソニー・ミュージックダイレクトより「GENTLE SOULS」および「BACH無伴奏チェロ組曲全曲」の記念アルバムを2枚リリースした。
古川展生サイト:http://nobuofurukawa.com

清塚 信也

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。 1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏氏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ氏演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当し、脚光を浴びる。知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間100本以上の演奏活動を展開。TV番組「ビー バップ!ハイヒール」「たけしの誰でもピカソ」「みゅーじん<音遊人>」や「朝日新聞<ひと>欄」等で取り上げられるなどメディアの関心も高い。ポーランド国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と協演するほか、舞台「ジョルジュ」への出演(村井国夫、音無美紀子、竹下景子、中嶋朋子ほかの各氏との共演)、華道家假屋崎省吾氏や書道家武田双雲氏とのコラボ公演、中島美嘉「SONG FOR A WISH」編曲&ピアノ演奏、映画「うつし世の静寂に」音楽監督、NHK大河ドラマ龍馬伝「龍馬伝紀行」テーマ曲演奏、「NHK歌謡コンサート」「FNS歌謡祭」「僕らの音楽」「ミュージックフェア」等の音楽番組での有名 アーティストとの共演、映画「天国はまだ遠く」「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「ベルセルク/黄金時代篇III 降臨」等のサウンドトラック演奏、映画「ポプラの秋」(主演:本田望結)でのメインテーマおよび劇伴音楽の作曲&演奏など、マルチに活躍。アウトリーチ活動の一環として小中学校の音楽室で授業を行なうほか、公開ピアノ・クリニック「清塚センセイの音楽教室」を展開している。
CD、DVDのほか、書籍、ピアノ教則本、楽譜集などを発表。「関ジャニの仕分け∞」「ジョブチューン」「プレバト!!」「踊る! さんま御殿!!」「中居正広のミになる図書館」「櫻井有吉アブナイ夜会」等のTVバラエティ番組への出演、TBCラジオほか全国7局ネット『清塚信也ピアノラウンジ』のパーソナリティ、2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビューするなど、マルチピアニストとして年々活躍の幅を広げ、その勢いは留まるところを知らない。同年10〜12月放送のTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)ではピアノテーマおよび監修を手掛けるほか、ライブハウスのマネージャー役でも出演。同年11月発売の最新アルバム『あなたのためのサウンドトラック』が数週間に渡りオリコン・ウィークリー・ランキング「クラシック部門1位」を獲得するほか、Billboard Japan、Amazon、iTunesなどのチャートを席巻する。

お問い合わせ

千葉県南総文化ホール
〒294-0045 千葉県館山市北条740-1 TEL:0470-22-1811 FAX:0470-22-1834

PAGETOP